塾で集中して勉強~成績の上がるスタディの秘訣~

勉強

やる気を出させる

近頃流行りのやる気スイッチについて説明します。

勉強

やる気スイッチとは勉強や仕事のやる気を起こさせて、やる気を持続させる刺激のことで、1人1人やる気を刺激する源が違うので、もちろんやる気スイッチも1人1人異なってきます。 しかしこのやる気スイッチは目に見えるものではなく、自分の心と頭の中にあるスイッチなので、自分自身で刺激するやる気スイッチを見つけるしかないのです。 しかしやる気スイッチを見つけることは簡単なことではなく、間違ったスイッチを押してしまうと逆効果になってしまう危険もあるので注意が必要です。 なかなかやる気スイッチが見つからない場合の対処法として仮のやる気スイッチがあります。仮のやる気スイッチを押すことで一時的に勉強や仕事のやる気を起こさせるという方法です。

仮スイッチを具体的に見ていきます。

仮スイッチには2種類あり、1つは「誰かに褒めてもらうため」「やらなければ罰を与えられてしまう」といったような自分自身ではなく外的から与えられることに対しての刺激によるものです。 しかしこのスイッチは長時間の効果はあまり期待できませんが、一時的には非常に有効なスイッチですので短期間の成果が欲しいという時には是非オススメします。 2つめのスイッチは、周りの人の協力も必要となります。両親や友人、仕事仲間などから「褒められる」「期待される」ような言葉や態度を受けることでスイッチが入り、勉強や仕事のやる気が出てきます。 この2つの仮スイッチは、なかなかやる気スイッチを見つけられない場合のスイッチです。 自分のやる気スイッチを見つける事が1番有効な方法です。